ママと子供のためのヨガレッスン

腹式呼吸法

■腹式呼吸

 

腹式呼吸は、胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさず、横隔膜を引き下げて息を吸う呼吸です。

 

○期待できる効果

・副交感神経の働きを活発にさせ、リラックスさせる
・イライラする、短気、ストレスなどの改善
・内臓のマッサージ効果、冷え症、便秘、生理不順などの改善

 

○腹式呼吸のやり方

1.おへそに意識を集中させ、鼻からゆっくりと息を吸い込み、お腹に空気を溜めて膨らませます。
2.お腹から空気を押しだすように、鼻からゆっくりと息を吐いてお腹をへこませます。

息を吐いた時は、お腹がぺたんこになるようにします。
呼吸のリズムは、3秒で息を吸って、6秒かけてゆっくりと吐くイメージです。

その他の呼吸法